視力回復トレーニング(一時的に視力が回復しても、止めるとまた戻ってしまうこともあるようです)という言葉を皆さんはご存じですか?メガネ(壊れにくいとか軽いとか、色々な機能のものが増えています)やコンタクトレンズで、自分の視力を矯正されている方はすごくたくさんいらっしゃると思います。もし、ご自身の視力を回復することが出来る方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)があれば、試してみたいと思いますか?視力回復トレーニングとは、その名通り、視力を回復するためのトレーニング(自分に合った方法を見つけることができれね、継続することもそれほど困難ではなくなるでしょう)になりますよね。この視力回復トレーニング(なかなか明確な成果が出なくて挫折することも多いです)は、アメリカの眼科医が考案した方法になります。目の周辺の筋肉や神経を鍛えることで、低下してしまった機能をすこしずつ復活させ、悪くなってしまう視力を取り戻します。自分ですぐに行うことが出来る視力回復トレーニングがある為、幾つか御紹介していきたいと思います。最初のうちは、簡単に目の筋肉を意識してみるような運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)から、眼球トレーニング(正しい方法で行わないと望むような成果が得られないことも少なくありません)を足を運んでみてください。目の筋肉を鍛えることを意識して、目を上下左右に動かしたり、斜めや目をぐるっと回転させたりするだけです。ひとまず、何も焦点がなくむずかしいようであれば、ご自身の人指し指を用いてその人差し指を追うようにして目を動かしてもいいです。この運動をする事で、目周辺の血行を促進させ、衰えてしまった筋肉を鍛える事が出来ます。遠近トレーニング(筋肉トレーニングや健康維持のためのエクササイズであれね、継続して行う必要があるでしょう)と言った方法もありますね。これもすごく簡単で、あなたの目の前にえんぴつやボールペン(キャップ式とノック式に大別できます)を差し出し、見つめてください。数秒見つめた後、なるべく遠くにある建物や木などをみるようにしてください。ボールペンと建物を交互に見る感じです。これは、毛様体(眼球の水晶体を支えて、ピントの調整などを行っている組織です)筋と水晶体を動かすための運動です。このように、視力回復トレーニング(トレーニング方法そのものは難しくありませんが、継続するのは難しいものです)とは、視力低下(ヨーロッパでは、視力を小?ではなく、分?で表すのだとか)=目の機能の低下と考えられていて、この低下してしまった目の機能を元に戻すことで視力を回復させるという物とされているんですー